CONOMiオフィシャルオンラインショップ(このみ公式通販サイト)

HOME > コラム2 > 制服の上に着るコートを選ぶときの注意点

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点1制服の上に着るコートを選ぶときの注意点2制服の上に着るコートを選ぶときの注意点3


制服の上に着るコートを選ぶときの注意点1

寒い時期の学生の必須アイテムとして制服の上に着るコートがあります。定番の制服の上に着るコートはダッフルコートやPコートがありますが、コート選びの際には注意が必要です。まず一番重要な事ですが、制服の上に着てコートのボタンがきちんと閉まるかどうか、着ぶくれしないか、などは重要なポイントです。特にPコートのような丈が短くスリムなコートの場合は注意が必要です。制服がブレザーなどで分厚い場合は、スリムなコートの場合着ぶくれして、制服コーデとしておかしくなる場合があります。ダッフルコートでもPコートでも、お店や通販で見た時と、実際に制服の上に着た時には印象が異なる場合があります。最悪制服を着た上から試着しないで購入した場合、コートが大き過ぎたり小さかったり、と体のサイズに合わないことがあります。そのためお店で試着して購入する場合は、制服を着てから試着することをオススメします。また通販など試着できないで購入する時は、制服を着た状態でサイズを測ってから購入することをオススメします。制服の上に着るコートは、コートの種類や色もコーデのポイントですが、何より体にフィットする物を選ぶことが最大のポイントです。

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点1

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点2

制服の上に着るコートって何気なく着ていて全体のコーデは出来ているのかなと不安になったことはありませんか?
今回は制服の上に着るコートを選ぶときの注意点についていくつかご紹介します。

まずは制服のスカート丈とコートの丈です。
特にスカート丈が長めの場合、コートの丈が長いものと合わせると服の重心が下にズレてしまって野暮ったく見えてしまいます。
身長が低めの人などはゆったりめのコートを着ると可愛く見える反面、スカートと合わせたときにこういった見た目になることがあります。
長めのスカートの制服の場合は標準サイズのものであっても丈には注意が必要です。

次の注意点は色のコーデです。
ダッフルコートもピーコートもネイビーかブラウンが定番色になっています。
特にネイビーの制服の場合、ネイビーのコートと合わせるときにはネイビーで統一されてしまいます。
こういった時には小物やバッグで差し色を意識しましょう。
例えばマフラーで明るめのグレーを入れてみるとか、鮮やかなオレンジや赤を入れてみると一見地味なネイビーが一転、ネイビーがとても引き立つコーデになります。
もちろんマフラーでなくてもバッグでも構いません。
ブラウン系のコートの場合は全般的に濃いめの色が良く合います。
黒、ネイビー、深めのグリーンなどです。
明るい色が好みの場合は白、ピンク、赤などが良く合います。

このように制服の上に着るコートはサイズと色を注意するだけで自分に合ったコートを見つけることが出来ます。
選ぶときの参考にしてみてください。

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点2

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点3

高校生が制服の上に着るコートは、どのようなコートが選ばれているのでしょうか?
またその着る時の注意点について、まとめてみました。

・制服の上に着るコートは着膨れをしないこと

冬になると、高校生は出来るだけ寒くないように、着込むことになります。
その時、ブレザーの上にコートを着ることになるのです。
そのため、そのコートについては、出来るだけ着膨れしないように着ることが、大切となってきます。
その事を考えた時、コートを着た全身の見た目について、注意をすることが大切です。

・制服の上に着るコートの色はパンツやスカートとあっているかを見る

制服と一緒に合わせて着るコートは、やぱりそのパンツやスカートにあっている色を、選択することが大切です。
色がちぐはぐになってしまうと、そのコートだけが浮いてしまうことになるからです。
そのため、そのコートを選択するとき、それらのものとあっているか、イメージをして購入することが大切です。

・ 制服の上に着るコートは着やすいものであるかを見る

高校生は、毎日の活動の中で、そのコートを脱いだり着たりすることが多くなってきます。
そんな時、やっぱり着やすいもの、脱ぎやすいものであるか、考えて購入することが大切です。

制服の上に着るコートを選ぶときの注意点3