CONOMiオフィシャルオンラインショップ(このみ公式通販サイト)

HOME > コラム2 > ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット1ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット2ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット3


ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット1

ブレザーの上に着るコートは何を着てコーデをしたらいいのか、いろいろ試しているうちにわからなくなってしまう時ってありますよね。
今回はブレザーの上に着るコートとして適しているシルエットについていくつかヒントをご紹介したいと思います。

まずは襟元のシルエットです。
ブレザーは基本的に襟付きのカットソーにリボンもしくはタイを合わせます。
ブレザーの上に着るコートの場合、そのブレザーのカットソーの部分だけが見えることになります。
コートから見えるこの部分が前から見るときのシルエットの決め手にもなっています。
これはコーデとして見ると、ダッフルコートの場合は1つ目のボタンを開けることで、ピーコートならそのままコートの襟とシャツの襟のレイヤーで作れます。
これはコーデ上のワンポイントとしてぜひ工夫したい所です。
また、この襟元にストールやマフラーを合わせる場合も同じです。
襟元にコートの色に合う小物を合わせることで前面のシルエットを上手く活かすことが出来ます。

次はコート全体のシルエットです。
これは主に前のボタンを開けている時にコーデとしてのシルエットを演出することが出来ます。
例えばコートを選ぶときに着た感じがAラインが綺麗に見せられるものを選んでおくと、ボタンを閉じたときの可愛さの他にもう1つシルエットのオプションを持つことが出来ます。
こういった選択肢を多く持っていると気分によっても相手におしゃれさを見せたい時にも有効です。

ここにあげたシルエットの作り方はほんの一例ですが、シルエットのバリエーションを増やすことがコーデに幅を持たせることにつながります。
ぜひ自分なりの綺麗なシルエットを見つけてみてください。

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット1

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット2

学生が冬になると使用するのがコートです。
しかし、そのコートは、ブレザーの上に着たりして、ごわついたりすることもあります。
そのため、そのコート選びについても、とても重要となってきます。
そのブレザーの上に着るコートとして、適しているシルエットについて、まとめてみました。

・ブレザーの上に着るコートは着膨れをしないこと

ブレザーの上に着るので、その上に着た時に、着膨れをしないことが大切です。
特に女子の場合は、そのことに敏感になります。
それは、見た目でそのコートの色が良かったり、デザインがいいと思って購入をしたとしても、着膨れをするものであると、着た時に嫌になるからです。
そのため、着膨れをしないものを選択することが大切です。

・ ブレザーの上に着るコートは全身のバランスが大事

ブレザーの上に着るコートを着た時に、鏡に全身を移した時、なんだかしっくりとこないと思ってしまうことがあります。
それは、パンツやスカート、身長等をトータルして見た時に、アンバランスとなっていることがあるのです。
そうなると、いくら気にいって購入したものといっても、着ることが嫌になってしまうことがあります。
そのため、全身のバランスを考えたコート選びが大切です。

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット2

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット3

学生がコートを着た時に、気になるのがそのシルエットです。
コートを着ると言うことは、洋服を何枚も重ねることになります。
そのため、そのブレザーの上に着るコートとして適しているものを、まとめてみました。

・ブレザーの上に着るコートはピーコート

ブレザーの上に着るコートで、最も適していると思うのは、やっぱりピーコートです。
ピーコートの場合は、特に女子に嬉しい効果を発揮してくれます。
それはまず、ピーコートを着た時に、着膨れをしないと言うことです。
ほかのコートの場合は、なんだかきぶくれ状態になってしまうことが多いのです。
そんな中、ピーコートは、しっかりとした生地で作られているので、体にフィットするのです。
そのため、そのシルエットをとてもキレイに見せることができるのです。

・ ブレザーの上に着るコートはダッフルコート

ダッフルコートの素材も、ピーコートと同じように、体にある程度、フィットするように作られています。
そのため、着膨れをする心配があまりありません。
また、全身のバランスよく着ることができます。
コートを着た時に、なんだかぼやけた印象となってしまうことがあるのですが、全身のバランスをすっきりと見せることが出来るので、おすすめです。

ブレザーの上に着るコートとして適しているシルエット3